開催中
ムーミンコミックス展 東京会場
2021年11月19日〜1月10日
そごう美術館
日本初公開!マンガ原画やスケッチ、約280点を一堂に ムーミン童話の原作者トーベ・ヤンソン(1914〜2001年)は、1954年にイギリスの夕刊紙「イブニング・ニューズ」紙でムーミンのコミックス(漫画)連載をはじめました。主にトーベが絵と台詞を書き、弟のラルス・ヤンソン(1926年〜2000年)がネタ探しと英訳を担当しました。1959年にトーベによる連載が終了したあと、1960年からの15年間はラルス一人で漫画製作を担当しました。国を超え愛読されたコミックスを通して、ムーミン童話の世界は広く知られるようになりました。本展では、ムーミンキャラクターズ社が所蔵する作品約280点を日本初公開。キャラクター設定画や習作、原画など貴重な資料を通じて、全世界で愛され続けているムーミンの奥深くも豊かな世界をお楽しみください。
最新の情報ではない可能性があります。
新型コロナウイルスの影響で、開催日程が変わっている場合がございます。必ず公式の情報をご確認ください。

概要

日本初公開!マンガ原画やスケッチ、約280点を一堂に ムーミン童話の原作者トーベ・ヤンソン(1914〜2001年)は、1954年にイギリスの夕刊紙「イブニング・ニューズ」紙でムーミンのコミックス(漫画)連載をはじめました。主にトーベが絵と台詞を書き、弟のラルス・ヤンソン(1926年〜2000年)がネタ探しと英訳を担当しました。1959年にトーベによる連載が終了したあと、1960年からの15年間はラルス一人で漫画製作を担当しました。国を超え愛読されたコミックスを通して、ムーミン童話の世界は広く知られるようになりました。本展では、ムーミンキャラクターズ社が所蔵する作品約280点を日本初公開。キャラクター設定画や習作、原画など貴重な資料を通じて、全世界で愛され続けているムーミンの奥深くも豊かな世界をお楽しみください。