icon_reread
また読みたい
フォロー
科学の女体盛り
ヒッチハイクの無銭旅行中に空腹になり、公園のベンチで途方に暮れていた男・瞳悟空はある白衣の女性と出会う。その女性はERO科学研究所の所長・笛呂紋かほりだった。かほりは、長引く不況! 冷え込む消費! 値引競争の末のデフレの悪循環!! すべては先の見えない社会の現状に消費者が意欲を委縮させていると考えており、そこで消費者がより積極的に購買意欲を持つような商品を日々、研究開発しているという。瞳はかほりの助手をすることになり、一緒に研究所へ行くことになったのだが、そこには壁に刺さったダッチワイフのようなものがあり……!?