icon_reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み
【※この作品の原題は紙コミックス版「姫―クラシックガール―」です。重複購入ご注意下さい。】「い…いけない、雪路どの!!」姫さんを、このままおれのものにしてしまえば…… ――ある大雪の日、コーヒー屋を経営する雪路の目の前に突然現れたのは…着物姿のお姫様!? それはまるで桃山時代からタイムスリップしてきたような…おどろく雪路が家に連れ帰り、事情を聴くと、少女は絶間と名乗り、自分は森村城の姫であると話し始め!? 元の時代へ帰る方法がわからない絶間とともに暮らすうち、雪路は絶間に特別な感情を抱き始めるが、絶間には元の時代に許嫁が…どうせ戻れないなら、このままおれのものにしてしまえば…雪路は眠る絶間にキスをし、そして…!?
【※この作品の原題は紙コミックス版「姫―クラシックガール―」です。重複購入ご注意下さい。】「い…いけない、雪路どの!!」姫さんを、このままおれのものにしてしまえば…… ――ある大雪の日、コーヒー屋を経営する雪路の目の前に突然現れたのは…着物姿のお姫様!? それはまるで桃山時代からタイムスリップしてきたような…おどろく雪路が家に連れ帰り、事情を聴くと、少女は絶間と名乗り、自分は森村城の姫であると話し始め!? 元の時代へ帰る方法がわからない絶間とともに暮らすうち、雪路は絶間に特別な感情を抱き始めるが、絶間には元の時代に許嫁が…どうせ戻れないなら、このままおれのものにしてしまえば…雪路は眠る絶間にキスをし、そして…!?