icon_reread
また読みたい
フォロー
花鈴のマウンド 1巻
桐谷花鈴(きりたに かりん)は甲子園にあこがれる都立星桜高校3年生。女子硬式野球部のピッチャーを務めているものの、春の大会で柊木美玲(ひいらぎ みれい)に打ち負かされる。美玲に勝ちたい!という一心で幼馴染の大門頼(だいもん らい)の指導のもと、投球フォームや球の握り方など試行錯誤するが、果たして花鈴は美玲に勝つことができるのか!?
花鈴のマウンド 2巻
夏の大会を前に強豪校との合同練習試合がスタート。そこは主人公 桐谷花鈴(きりたに かりん)のライバル 柊木美玲(ひいらぎ みれい)の姿が!他の選手たちの実力を目の当たりにするも、懸命にライバルたちに立ち向かう花鈴。果たして花鈴率いる星桜高校は勝利することができるのか。
花鈴のマウンド 3巻
女子プロ野球観戦に行く主人公 桐谷花鈴(きりたに かりん)と幼馴染の大門頼(だいもん らい)。里綾実選手と対面し、プロの実力を肌で感じる。そこでバッタリ出会った柊木美玲(ひいらぎ みれい)となぜかお茶することに!そしていよいよ男子硬式野球部の夏の大会が始まる。初戦の相手は優勝候補の虎ノ門高校。さあ、頼は花鈴との約束を果たせるのか!?
花鈴のマウンド 4巻
自主練習中に出逢った宅配運転手 鈴木に投球指導をしてもらい、夏の大会に向けて日々特訓を重ねる主人公 桐谷花鈴(きりたに かりん)。一方、大門頼(だいもん らい)の活躍より着々と東東京大会を勝ち進める星桜高校男子野球部。準決勝の黄猿高校との対戦で死球が当たり、頼は左足を負傷するも力走し、ついに決勝戦へと駒を進めるのであった。
花鈴のマウンド 5巻
花鈴の幼馴染、大門頼率いる星桜高校男子野球部は、準決勝を制し見事決勝に駒を進めた。しかし、試合で負った左足の怪我が頼を苦しめる…!決勝戦の相手は春のセンバツベスト8の白狼高校!最強のバッテリー・氷爪と甲牙が頼たちの前に立ちはだかる。果たして頼は甲子園への切符を手にし、花鈴との約束を果たすことができるのか!?
花鈴のマウンド 6巻
“女の子だって甲子園”を夢見る主人公桐谷花鈴。 全日本高校女子野球選手権大会の抽選会の日、花鈴はまさかの寝坊で、焦って家を飛び出すが、行く先々でハプニングがあり…?! 個性的なライバルたちを前に弱気になる花鈴だったが、埼女主将の朝陽さきに励まされ、公式戦の初勝利を誓う! そして始まった抽選会では、連盟の理事からの衝撃的な報告が、花鈴たち女子野球部の心を揺さぶる…! 女子野球の新たな道が拓かれる、待望の新章スタート!
花鈴のマウンド 7巻
“女の子だって甲子園”を夢見る主人公桐谷花鈴。甲子園への道が見えた花鈴たち星桜はついに大会初戦で機動女子隊の仙台杜の都高校との対戦が決まる。20盗塁を宣言する杜の都の青葉ゆい。一方、美玲は開幕戦で昨年、今年共にベスト4の九州義塾との対戦。美玲の顔に曇りが・・・。