icon_reread
また読みたい
フォロー
めもくらむ 大正キネマ浪漫(1)
無声映画に舞い降りた女優の正体とは!? 時は大正時代――。カフェで女給として働く乙香は、活動写真の脚本を書いている大鐘小六、兄の遺児である椿、そして活動写真のスタア・東海林鷹男と出会ったことで無声映画の世界に飛び込むことになった。だが、乙香には秘密があって…!? 天才女優が魅せるキネマ浪漫、開幕!!
めもくらむ 大正キネマ浪漫(2)
それぞれの想いをのせキネマがついに始動! 「僕が世界を変えてやる」乙次郎が乙香であり続ける理由、ナターシャを演じたいと願う理由が明らかに! 美女・乙香を装う乙次郎と、乙香に心を寄せる東海林鷹男。男だと言い出そうとしてもなぜか言い出せない乙次郎――。そんな中、新しい「ナターシャの唄」を作りだそうと動き始めた乙次郎たちは、いま評判の竹尾須磨子の舞台版「ナターシャの唄」を観に行くことに――。そこで観た竹尾版「ナターシャ」とは!? 一方、もう一人のナターシャ役・松原琴子は乙次郎に想いを寄せて…? 女優たちが鎬を削り、想いが交錯する緊迫の第2巻!!
めもくらむ 大正キネマ浪漫(3)
乙次郎の夢の映画がついに動き出す…! 「世界を変えてやる――」そんな強い思いを旨に秘め、男であることを隠し、女優・乙香として映画「ナターシャの唄」のヒロインを演じることになった乙次郎。監督も加わり、いよいよ映画が動き出すことに。しかし、乙次郎を想う病床の琴子、さらに“乙香”に惹かれていく東海林鷹男と、それぞれの想いはどんどん絡まっていき…!?
めもくらむ 大正キネマ浪漫(4)
乙次郎の“ナターシャ”がついに完成! 竹尾須磨子のナターシャをどう超えるか。試行錯誤の末に、ついに乙次郎(乙香)のナターシャが完成する。アレクセイ役の鷹男は、映画の完成を待って告白しようと試みるが、一方の乙次郎は自分の恋心に蓋をすることを決意――。気持ちがすれ違う中、ついに公開初日がやってきて…!?
めもくらむ 大正キネマ浪漫(5)
乙香と鷹男。許されぬ恋の行く末は――!? 映画版「ナターシャの唄」で急速に近付いた乙香と鷹男だが、二人の両親の過去にまつわる因縁が発覚! 鷹男のために身を退くことを決めた乙香は、さらに浅草からも去ることを決断する――!!
めもくらむ 大正キネマ浪漫(6)
激動の時代の、宿命の恋物語、堂々完結! 姿を消した乙次郎を必死に探し続ける鷹男。華々しき活動女優の地位を捨て、それでも劇団で 演じ続ける乙次郎だが、その身体に異変が――!? 活動写真華やかなりし時代を駆け抜けた役者の 運命の恋、堂々完結!!