激突!ラジコンロック(1)
大手ラジコンメーカー・富士模型の笹原社長と息子の育也は市場の独占を目論んでいた。自社製品のPRのために開催された「富士チャンピオン杯」には育也が出場。彼のテクニックは超一流で、優勝は確実と見られていた。ところが彼の前に無名のRCレーサー・轟心(とどろき しん)が立ちはだかる。激戦の末迎えた最終コーナーで、心は突然、逆立ちになってコントローラーを操作し始めた。いったいどんな技なのか!? RCブーム時代の雰囲気が味わえる名作!
激突!ラジコンロック(2)
大手ラジコンメーカー・富士模型の笹原社長と息子の育也は市場の独占を目論んでいた。自社製品のPRのために開催された「富士チャンピオン杯」には育也が出場。彼のテクニックは超一流で、優勝は確実と見られていた。ところが彼の前に無名のRCレーサー・轟心(とどろき しん)が立ちはだかる。激戦の末迎えた最終コーナーで、心は突然、逆立ちになってコントローラーを操作し始めた。いったいどんな技なのか!? RCブーム時代の雰囲気が味わえる名作!
激突!ラジコンロック(3)
大手ラジコンメーカー・富士模型の笹原社長と息子の育也は市場の独占を目論んでいた。自社製品のPRのために開催された「富士チャンピオン杯」には育也が出場。彼のテクニックは超一流で、優勝は確実と見られていた。ところが彼の前に無名のRCレーサー・轟心(とどろき しん)が立ちはだかる。激戦の末迎えた最終コーナーで、心は突然、逆立ちになってコントローラーを操作し始めた。いったいどんな技なのか!? RCブーム時代の雰囲気が味わえる名作!
激突!ラジコンロック(4)
大手ラジコンメーカー・富士模型の笹原社長と息子の育也は市場の独占を目論んでいた。自社製品のPRのために開催された「富士チャンピオン杯」には育也が出場。彼のテクニックは超一流で、優勝は確実と見られていた。ところが彼の前に無名のRCレーサー・轟心(とどろき しん)が立ちはだかる。激戦の末迎えた最終コーナーで、心は突然、逆立ちになってコントローラーを操作し始めた。いったいどんな技なのか!? RCブーム時代の雰囲気が味わえる名作!
激突!ラジコンロック(5)
大手ラジコンメーカー・富士模型の笹原社長と息子の育也は市場の独占を目論んでいた。自社製品のPRのために開催された「富士チャンピオン杯」には育也が出場。彼のテクニックは超一流で、優勝は確実と見られていた。ところが彼の前に無名のRCレーサー・轟心(とどろき しん)が立ちはだかる。激戦の末迎えた最終コーナーで、心は突然、逆立ちになってコントローラーを操作し始めた。いったいどんな技なのか!? RCブーム時代の雰囲気が味わえる名作!
激突!ラジコンロック(6)
大手ラジコンメーカー・富士模型の笹原社長と息子の育也は市場の独占を目論んでいた。自社製品のPRのために開催された「富士チャンピオン杯」には育也が出場。彼のテクニックは超一流で、優勝は確実と見られていた。ところが彼の前に無名のRCレーサー・轟心(とどろき しん)が立ちはだかる。激戦の末迎えた最終コーナーで、心は突然、逆立ちになってコントローラーを操作し始めた。いったいどんな技なのか!? RCブーム時代の雰囲気が味わえる名作!
激突!ラジコンロック(7)
大手ラジコンメーカー・富士模型の笹原社長と息子の育也は市場の独占を目論んでいた。自社製品のPRのために開催された「富士チャンピオン杯」には育也が出場。彼のテクニックは超一流で、優勝は確実と見られていた。ところが彼の前に無名のRCレーサー・轟心(とどろき しん)が立ちはだかる。激戦の末迎えた最終コーナーで、心は突然、逆立ちになってコントローラーを操作し始めた。いったいどんな技なのか!? RCブーム時代の雰囲気が味わえる名作!
激突!ラジコンロック(8)
大手ラジコンメーカー・富士模型の笹原社長と息子の育也は市場の独占を目論んでいた。自社製品のPRのために開催された「富士チャンピオン杯」には育也が出場。彼のテクニックは超一流で、優勝は確実と見られていた。ところが彼の前に無名のRCレーサー・轟心(とどろき しん)が立ちはだかる。激戦の末迎えた最終コーナーで、心は突然、逆立ちになってコントローラーを操作し始めた。いったいどんな技なのか!? RCブーム時代の雰囲気が味わえる名作!
激突!ラジコンロック(9)
大手ラジコンメーカー・富士模型の笹原社長と息子の育也は市場の独占を目論んでいた。自社製品のPRのために開催された「富士チャンピオン杯」には育也が出場。彼のテクニックは超一流で、優勝は確実と見られていた。ところが彼の前に無名のRCレーサー・轟心(とどろき しん)が立ちはだかる。激戦の末迎えた最終コーナーで、心は突然、逆立ちになってコントローラーを操作し始めた。いったいどんな技なのか!? RCブーム時代の雰囲気が味わえる名作!
また読みたい
フォロー