柿の木のある家
やさしい少女、西城乙女。柿の木のある、ふるさとを愛する少年、古賀秋彦。ふたりは愛しあい、運命の赤い糸でしっかり結ばれていた。しかし、その幸せに暗い陰が…。表題作のほか一編を収録した、ファン待望のよみきり傑作集の第三巻。
また読みたい
フォロー