icon_reread
また読みたい
フォロー
E.D.D Eliminate dangerous doctors(1)
モラルの欠けた医師を排除するという謎の組織『E.D.D』。腐敗した病院や同僚に絶望した若き心臓外科医・笠原は組織の一員になるが…!? メディカルクライムアクションマンガ!
E.D.D Eliminate dangerous doctors(2)
現代医療の不正・悪を抹殺するメディカルクライムアクションストーリー! モラルの欠けた医師を排除するという謎の組織「E.D.D」。手に汗握るストーリー展開と、胸のすく爽快感が作品の魅力です。医療をテーマにした漫画ならではの熱きヒューマニズムも盛り込んで、動きの速いアクションが満載の第一級のエンターテインメントに仕上がっています。
E.D.D Eliminate dangerous doctors(3)
一向に改善されない医療現場の問題の根絶と医療機能再生をうたい、組織された特務機関、それがE.D.D。極端にモラルが欠如し、利己主義が蔓延する医療機関と医師の排除を目的とし、その活動には政府レベルで様々な特権が与えられている……手術を“解体”としか思わない殺人医師・桐山を追い、EDDが動く。しかし、桐山にしか救えない命を前に、EDD笠原は迷い……?
E.D.D Eliminate dangerous doctors(4)
医療過誤や受け入れ拒否……モラルの欠如した医師たちに“医師を裁く医師”……特務機関「E.D.D」が鉄槌を下す! 今回のエリミネイト(排除)対象者は……!? 医療不信の現代の必読書! 悪徳医師にひっかからないために……
E.D.D Eliminate dangerous doctors(5)
“医師への脅威”となるべく設立された『EDD』。厚労大臣・神山の狙いは、その噂を元に医師会から巨額の政治資金を集める事だった。その効果が盤石になった事を実感した神山は、邪魔になったメンバーを次々と殺して行く。瀕死の重傷を負った小嶋は、ビアンカを残し、一人で歩き出す……そして、6年後、内閣総理大臣になった神山を病が襲う。そこに現れた「天才外科医」は、元EDDの笠原で!?