reread
また読みたい
フォロー
劉邦(1)
類いまれな英雄・劉邦を描くエンタメ史劇! 武勇、才気なくして農民から皇帝まで一気に駆け上がった英雄・劉邦。その類いまれな漢(オトコ)の魅力を、『土竜の唄』の著者が渾身の力で描くとびっきりのエンタメ史劇です!! ―・S・T・O・R・Y・― 時は紀元前、中国全土を統一した秦の始皇帝統治下の都で一人の男が 労役で働いていた。男の名前は劉季(後の劉邦)ある日、男は秦兵に捕まり、中華の極刑、炮烙(ほうらく)の刑に処せられる事になる。男の運命、そして中華の歴史はその時を境に大きく変わり始めた!!
劉邦(2)
類いまれな英雄・劉邦を描くエンタメ史劇! 武勇、才気なくして農民から皇帝に駆け上がった男・劉邦と周囲の男たちをヒット作『土竜の唄』の著者が渾身の力で描きます! 男気、色気、笑いあふれる歴史活劇、早くも2集の登場です! ―・S・T・O・R・Y― 故郷の沛に久々に戻った劉邦。仲間の仇を討つ為に古くからの宿敵、雍歯と対立します。泣く子もだまる沛の大侠・王陵が二人に提案した方法は蠱毒呑魂(こどくどんこん)。中華の猛毒が1つだけ入った盃を飲む、命がけの勝負に劉邦は挑む事に……!?
劉邦(3)
類いまれな英雄・劉邦を描くエンタメ史劇! 始皇帝暗殺をもくろむ美男子・張良、劉邦の人生を変える美女・呂雉など美しい主要人物がゾクゾクと登場する第3集です! ー・S・T・O・R・Yー 始皇帝暗殺を四六時中考えながら中華全土を放浪する美男子・張良。はるか東の町で、ついに彼の必要とする怪力男に出会う。その男を手に入れるため、張良に提示された条件は、一か八かで奴隷になることだった……!? 一方、夏侯嬰を「失った」後も、亭長(警察署長)として毎日を過ごす劉邦。ずっと卵を産まなかった雌鶏がとつぜん卵を産んだその日、劉邦は導かれるように大富豪の宴会に足が向かうが…… 衝撃のラストに間違いなく息を呑む第3集、是非ご期待ください!!!
劉邦(4)
劉邦を描くエンタメ史劇、遂に項羽が動く! 白虎の虎・項羽(こうう)と、その叔父・項梁(こうりょう)が始皇帝打倒に向けて本格的に始動!! またその妻・呂雉(りょち)が知る“成功者の法則(マスターマインド)”が、単なる強運な男でしかなかった劉邦の生き方を大きく変えていく…!? 『土竜の唄』の著者が描く「項羽と劉邦」の物語が、遂に大きく動き出す第4集です! ー・S・T・O・R・Yー 秦に滅ぼされた楚国の名家出身の男・項梁はその一族を率いて、始皇帝打倒を企んでいた。彼の甥・項羽を圧倒的な武力を持つ「白虎の虎」に育てあげ、唯一無比の英雄伝説を創りあげる事が、秦の圧政で苦しむ数多くの民衆たちの武装蜂起につながると信じていたのである。ある日、項梁は自分たちの同志の娘であり、項羽の恋人ともいえる存在の美しい娘・華(ホア)を呼び出して……!? ~・~・~・~・~ 中華史上、最強の武将とも言える項羽の凄まじい青年期や、劉邦が成り上がる上で必要不可欠な“成功者の法則”が明らかになっていく第4集です。是非ご期待ください!!!
劉邦(5)
劉邦を描くエンタメ史劇、遂に始皇帝死す! 『土竜の唄』の著者が描く「劉邦」の英雄譚、中華全土を統一した始皇帝の崩御で、時代が大きく動く第5集です! ー・S・T・O・R・Yー 労役人たちが逃亡した後、劉邦は大蛇に生娘を人質とせんする、ある村に迷い込む! そこで現れた大蛇を前に劉邦達は…!? その後、劉邦たちは故郷の沛から離れた山間で、共同生活を始めるが… 一方、不老不死を望む始皇帝は第五回の巡幸中に崩御!! 側近の陰謀により巨大な秦帝国は愚鈍な末子・胡亥に引き継がれ、中国史上初の農民蜂起を引き起こしていく……!!! ~・~・~・~・~ 中華史のスタート地点とも言える存在・始皇帝がついに崩御。その時代の趨勢の中、劉邦が“成功者の法則”にのっとり、咸陽にいく途中の山間で、“劉邦軍団”を形成します。是非ご期待ください!!!
劉邦(6)
項羽と劉邦、両雄ついに相まみえる!! ついに項羽と劉邦の物語に!! 千人の軍団を引き連れて沛に戻った劉邦たち。秦に刃向かう彼らに、秦が放った敵軍が襲いかかります。必死で戦った初陣。その戦いを通して戦術の大切さを知った劉邦は、伝説の軍師・黄石公を探すために、一人、旅に出ます。そこで偶然、中華最強の武将・項羽と出逢いますが…… 二人の英雄の運命は如何に!?
劉邦(7)
劉邦と項羽が義兄弟に!? 劉邦と項羽が、義兄弟の契りを結ぶ!! 強敵・秦軍と戦う蜂起軍が劉邦と項羽の結びつきで強くなっていく!? 劉邦のパンチシーンが衝撃の第7集です! ー・S・T・O・R・Yー 項羽の叔父・項梁は中華全土の蜂起軍を一同に集め、打倒秦を誓う。その集会中に武人と農民の衝突が起き、劉邦は思わず項羽を殴ってしまうが…!? 一方、秦の都・咸陽(かんよう)では、宦官・趙高(ちょうこう)が二世皇帝・胡亥(こがい)を支配し、恐怖政治を行っていた。そこに一人、国を憂い、勇敢にも立ち上がった男がいた。その男の名は… 章邯(しょうかん)だった!!