icon_reread
また読みたい
フォロー
恋する1/4(1)
吉田実明(みあけ)のニックネームはミケ。高校の合格発表の日、ミケは長身で無口な男に出会う。新学期、同じクラスにその男・立川那智はいた。ミケがつけたあだ名はナスくん。さらに幼なじみでご近所さんの染谷祐太と、美人で大人っぽい浅見樹も同クラス。ミケを中心に、恋する4人の青春が展開する。 【同時収録】真っ赤なチェリー
恋する1/4(2)
幼なじみの祐太は、ミケを慰めてくれる大切な存在だ。その祐太に、那智と仲よさそうと言われ「あたしは祐太が好きなの」と思わず告白してしまうミケ。祐太は「幼なじみ以外に考えられない」とミケを振る。祐太は浅見樹が好きだった。傷ついたミケをいたわる那智。その優しさが徐々に伝わり、やがて…。
恋する1/4(3)
那智の存在が、心の中で大きくなっていくミケ。那智は弁当をくれる女子にキスのお礼をすることを日課にしていた。ある日、ミケは「もう他の人とキスしないで」と那智に言う。「俺のこと好きなの? 好きならやめろ」と答える那智。恋する気持ちが芽生えかけたのに、行き場をなくしてしまうミケだった。
恋する1/4(4)
2学期、森先輩の告白を断ったミケだったが、ふとした隙にキスされてしまう。それを知った那智は、森先輩を殴ってミケの元へ。泣いているミケに「俺が消してやる」と言ってキス!! 海が見たいと那智は言い、日が落ちた海岸でミケに「好きだ」と告げる。ふたりは、ついに恋人同士になったことを実感する。
恋する1/4(5)
祐太と樹に、那智とつきあい始めたことを報告するミケ。祐太の家に4人でお泊まりするなど、仲間の絆は深まっていく。だがミケは、那智とつきあうのを快く思わない女子から嫌がらせを受ける。さらに、中学時代に那智とつきあっていたという涼香が転校してきて、那智に急接近。ミケは超不安になって…。
恋する1/4(6)
ミケに、那智とキスをしたと話す涼香。何も弁解しない那智だが、動揺するミケを優しくかばう。涼香はヤケを起こして街をさまよい、ナンパされそうになる。窮地を救ったのはミケと那智だった。ミケの家に泊まり、悩みを語る涼香。目覚めると涼香は、那智を諦めミケを応援する明るい女の子に変わっていた。
恋する1/4(7)
那智を訪ねて兄の恋人・恭子が来る。恭子は那智の元家庭教師で“憧れの人”だった。那智兄弟は両親と死別していた。この世でふたりきりの肉親だが、那智は恭子への想いを断つために家を出た。また一緒に暮らしたいと願う兄・望は恭子と別れようとしていた。関係修復のため、那智とミケの奔走が始まる。
恋する1/4(8)
3学期になりミケは、那智の中学時代の同級生で他校に通う斗馬から「つきあって」と言われる。そして斗馬から、那智は人を刺した過去があると聞かされショックを受ける。那智の言い分はあいまいではっきりしない。事実を知りたいミケは、刺された本人を探し当て真相を聞き出す。刺したのは斗馬だった。
恋する1/4(9)
2年生になった。クラスはミケ&祐太と、那智&樹に別れてしまった。離れ離れになって初めて聞こえてきた噂、それは「樹がナスくんを好き」というものだった。「樹は親友」と思っていたミケ。まさかと思いながら樹の気持ちをしつこく尋ねると「そう、好きよ!」と答えるのだった。4人の絆はどうなる?
恋する1/4(10)
カメラマン助手のバイトをしていた那智は、撮影現場で通行人とケンカをして高校を停学に。ミケと樹は那智をめぐってケンカになるが、親友としての絆を再確認して仲直り。一方、カメラ片手に旅に出た停学中の那智は、写真の魅力を知って「カメラマンこそ一生の道」と考え、高校中退を視野に入れていた…。