あらすじ

何か問題を抱えた人間や人ならざる者たちが訪れる宿「叢雲屋」。宿代として支払うものは自身の「秘密」。今宵語るのはとある書生の青年のお話。味わいましょう、のたうち苦しみながら七転八倒する「生」を――…。