また読みたい
フォロー
3年ぶりに小さな島に帰ってきた美海(みみ)。迎えてくれたのは、ヒカリ、菫(すみれ)、陽介(ようすけ)。4人とも同じ島で育った幼なじみ。東京で失恋して、美海は島に戻ってきた。美海を優しく包む深く透明な海の青。その中で4人の友情はやがて恋に変わり…!?目の前に広がる青の世界――。忘れられない物語が、いま始まる…。
「もう恋なんてしない」と決めていた美海だけど、ヒカリから真摯な告白を受け、彼を信じ受け入れる事に。だけど、実はヒカリに思いを寄せていた菫。一度はヒカリの事を諦めようと思った菫だったが、美海の元に「先生」からメールが届いた事を知る。「美海ちゃんはヒカリを裏切った」と菫は…。
失恋して傷ついた心がヒカリとつきあうことで癒されてきた美海。やっと穏やかな生活が始まった。しかし、そんな美海のもとに、「キミのお母さんが倒れた」と連絡が入る。電話をしてきたのは、美海を苦しめていた元彼である先生。戸惑う美海。そんな美海を守ってくれていた陽介に、美海は先生との過去を語り出す…。
元彼とのトラブルも落ち着き、幼なじみだったヒカリとラブラブな甘い時間を過ごす美海。だけど、美海にとって大切なもう1人の幼なじみ・陽介が、最近浮かない表情をしている。その原因は、陽介が恋する相手がなんと、結婚をしている人だからで…!?
お母さんとの関係にトラウマを持つ美海。傷ついた美海の心を癒してくれたのは、ヒカリではなく陽介だった。「どうしてだろう、陽介の前では何でも素直に話せるのに…」穏やかだったヒカリと美海の関係に徐々に変化が訪れる。幼なじみ4人の関係が複雑にからまり始め…!?
島を離れ東京という、お互い近い場所で過ごす美海と陽介。そしてそんな中、美海は陽介から真剣にアプローチをされる。だが、島祭に参加するために一緒に島に帰った2人。島で久々にヒカリに会う美海。ヒカリと陽介の間で揺れる美海の出した答えは…!?
お互いを思い、別れを決めた美海とヒカリ。別々の道を歩こうと決めた美海だが、どうしてもヒカリを忘れる事なんてできなくて…。そんな美海に陽介が「オレじゃ、ヒカリの代わりになれない?」と切り出すが…!?
ヒカリを傷つけ、1度は別れを決意した美海だが、やはり彼の元に戻りたいと願う。でも、やっと本当の気持ちに気づいたのに、自分以上にヒカリを求める菫の想いに気づいてしまい…。友情と恋の間で揺れ動く4人の関係が、今ついに――。