また読みたい
フォロー
「――お前、発情期きてたのか?」激しい愛撫に抗えない私のカラダ。貴方が「好き」だから、このまま流されたくない…! 遺伝子操作によって、「発情期」が訪れ、代わりに「恋愛感情」が排除された世界。皆、好きじゃない人と当たり前のようにHをしているのに、私は幼なじみの朝日君を好きになってしまった――。この気持ちも、実は発情期が来ていることも絶対に秘密。それなのに、熱く敏感になったカラダは嘘をつけなくて…!? 「俺でいいなら楽にしてやるよ」大好きな人に触れられて嬉しいはずのに、気持ちはもう届かないの…?
「――お前、発情期きてたのか?」激しい愛撫に抗えない私のカラダ。貴方が「好き」だから、このまま流されたくない…! 遺伝子操作によって、「発情期」が訪れ、代わりに「恋愛感情」が排除された世界。皆、好きじゃない人と当たり前のようにHをしているのに、私は幼なじみの朝日君を好きになってしまった――。この気持ちも、実は発情期が来ていることも絶対に秘密。それなのに、熱く敏感になったカラダは嘘をつけなくて…!? 「俺でいいなら楽にしてやるよ」大好きな人に触れられて嬉しいはずのに、気持ちはもう届かないの…?
「――お前、発情期きてたのか?」激しい愛撫に抗えない私のカラダ。貴方が「好き」だから、このまま流されたくない…! 遺伝子操作によって、「発情期」が訪れ、代わりに「恋愛感情」が排除された世界。皆、好きじゃない人と当たり前のようにHをしているのに、私は幼なじみの朝日君を好きになってしまった――。この気持ちも、実は発情期が来ていることも絶対に秘密。それなのに、熱く敏感になったカラダは嘘をつけなくて…!? 「俺でいいなら楽にしてやるよ」大好きな人に触れられて嬉しいはずのに、気持ちはもう届かないの…?
「――お前、発情期きてたのか?」激しい愛撫に抗えない私のカラダ。貴方が「好き」だから、このまま流されたくない…! 遺伝子操作によって、「発情期」が訪れ、代わりに「恋愛感情」が排除された世界。皆、好きじゃない人と当たり前のようにHをしているのに、私は幼なじみの朝日君を好きになってしまった――。この気持ちも、実は発情期が来ていることも絶対に秘密。それなのに、熱く敏感になったカラダは嘘をつけなくて…!? 「俺でいいなら楽にしてやるよ」大好きな人に触れられて嬉しいはずのに、気持ちはもう届かないの…?
「――お前、発情期きてたのか?」激しい愛撫に抗えない私のカラダ。貴方が「好き」だから、このまま流されたくない…! 遺伝子操作によって、「発情期」が訪れ、代わりに「恋愛感情」が排除された世界。皆、好きじゃない人と当たり前のようにHをしているのに、私は幼なじみの朝日君を好きになってしまった――。この気持ちも、実は発情期が来ていることも絶対に秘密。それなのに、熱く敏感になったカラダは嘘をつけなくて…!? 「俺でいいなら楽にしてやるよ」大好きな人に触れられて嬉しいはずのに、気持ちはもう届かないの…?
「――お前、発情期きてたのか?」激しい愛撫に抗えない私のカラダ。貴方が「好き」だから、このまま流されたくない…! 遺伝子操作によって、「発情期」が訪れ、代わりに「恋愛感情」が排除された世界。皆、好きじゃない人と当たり前のようにHをしているのに、私は幼なじみの朝日君を好きになってしまった――。この気持ちも、実は発情期が来ていることも絶対に秘密。それなのに、熱く敏感になったカラダは嘘をつけなくて…!? 「俺でいいなら楽にしてやるよ」大好きな人に触れられて嬉しいはずのに、気持ちはもう届かないの…?