あらすじ

天下分け目の関が原の戦いに勝利した徳川方の東軍。だが、農民の大助の父親は豊臣方の残党とまちがわれ、嵐田主人正に斬り殺されてしまう。父親の仇を討つことを誓う大助だが、偶然出会った主人正にはまともに相手をされず、馬の蹄にかけられ気を失ってしまう。柳生宗矩に助けられた大助は、柳生道場に入門し、剣の腕を磨くことになるが…。果たして大助は父の仇を討てるのか!?