あらすじ

さとりにとって噪たちと過ごす残り少ない日々… だが、結川にうつしてしまったチカラ、拓海の抱く誤解、そしてチカラを欲しがる司。様々な困難に正面から立ち向かう時が来た。