icon_reread
また読みたい
フォロー
運命のバルセロナ 【地中海を渡る恋 I】
バルセロナ…その美しい街でエリーは、太陽の国で生まれた黒いライオンのようなサンドルと出会い、恋に落ちた。ところが彼は、エリーを手ひどく捨てた。それから4年、父の新しい取引き先の相手として現れたのは、忘れもしないサンドル。再会した彼はなんとエリーに「はじめまして」と言ってきた!ふたりの関係をなかったことにされ傷つくエリーだったが、ふたりきりになったとたんにサンドルはバルセロナでの思い出を語りだした。いったいどういうつもりなの!?
愛を知ったバルセロナ 【地中海を渡る恋 II】
真冬のバルセロナ。寒さに震えながら、モデルのアンバーは水着姿で携帯電話の広告の撮影をしていた。そんな彼女に声をかけてきたのが、携帯電話会社のトップ経営者ミゲル・メネンデスだった。有能な企業人である彼が、一介のモデルに示したやさしさに惹かれた。彼も同じ気持ちを隠そうとしなかった。とは言え彼の望みは割り切った一時の関係。でも、アンバーはそれでもいいと思ってしまった。彼に身をまかせた結果、どれほどみじめな思いをするかも知らぬまま…。