reread
また読みたい
フォロー
「君のような“しっかりした女性”は、僕にはもったいない」。そう言われて婚約者に振られてしまったジュリー。―冗談じゃないわ!“しっかりした女性”なんて、うんざり!私、“いけない女”になってやるわ!―さらに、ジュリーは自分を変えようと、着るはずだったウエディングドレスを売りに出す。ところが、それを買いにきたセクシーなプレイボーイ・トムを見るなり、彼女にとんでもないひらめきが!「お願い!私を“いけない女”にして!」―そうよ、彼なら女性のいろはを知っているはず!ジュリーとトムの、おかしな個人授業の行方は?