reread
また読みたい
フォロー
1年前、クレアはボスのジェイクと契約結婚をした。彼は有能な個人秘書を求めていただけだが、ふたりはうまくいっていた。そんなある日、ジェイクと貴族の令嬢とのロマンスがスクープされる。別れを覚悟したクレアだが、彼はなぜかこの関係を終わらせる気配がない。私は都合のいい妻で、令嬢は愛人ということかしら。そんなの耐えられないわ!だって私は彼を心から愛してしまったのだから!これ以上、完璧な夫婦を演じるなんて無理よ。それならいっそ私から…。