icon_reread
また読みたい
フォロー
別れの日まで 【永遠のウエディングベル I】
1949年5月。クレア・ウィンターズは、突然訪ねてきた黒髪のハンサムな男性にひと目で恋に落ちてしまった。彼の名はジャック・マーフィ。戦死した兄デニスの親友だ。しかしクレアには町の銀行跡取り息子ハーランという、両親が一方的に決めた交際相手がいた。私は恋を知らないまま、家のために結婚なんてできない。お母様ごめんなさい。彼がこの町にいる間だけでも、一緒に過ごしたいの…。
脇役はおしまい 【永遠のウエディングベル II】
すべての花嫁を幸せにするウエディングプランナーとして働くレベッカ。仕事は一流と評判だが、彼女自身の恋は2年前に時を止めたままだった。かつて熱く愛しあった恋人ライアンに突然捨てられたことから、いまだに立ち直れないのだ。そんなある日、レベッカが手掛ける式に、介添人としてライアンが現れた!彼への想いをひきずるレベッカの視線はどうしても彼を追ってしまう。ねぇ、どうしてあの時、私の前から消えたの!?彼を求める心はどんどん募って…。
涙は愛の言葉 【永遠のウエディングベル III】
傲慢な経営者ネイトはひとり、共同経営者である親友とその妻を死に追いやったと自分を責めていた。親友には美しい妹、ジョーダンとその子供たちがいる。ささやかな罪滅ぼしができれば…そう思い、ネイトはジョーダンたちと親しく過ごすが、彼女の子供たちに懐かれれば懐かれるほど、心の内で罪悪感が膨らんでいった。“心のままに”祖父母から伝わる言葉の意味を知ったとき、ネイトは永遠の愛を手に入れる…?<永遠のウエディングベル>3部作、ついに完結!