icon_reread
また読みたい
フォロー
放課後、僕は嘘をつく
放課後の誰もいない教室で、僕と彼女は秘密のレッスンを始める――…。僕はぎこちなく手を握り、小さく震える彼女のカラダに優しく触れる…。でも僕らは恋人同士じゃない。これは彼女が男性恐怖症を克服するための恋人ごっこ。わかっているはずなのに…なんでこんなに胸がざわつくんだろう…。