icon_reread
また読みたい
フォロー
赤白つるばみ 上
ひたと肌に吸いつく音 うねる色彩の洪水── 言葉の色が見えるという芸術家の老女・キノは、兄の大蛇丸を「白い子」と呼び、弟の由良ノ介の声を「赤白つるばみ」だと言う。兄弟の家の隣には、彼ら曰く菫色の声のヒルコが住んでいて…。稀代の名作『KISSxxxx』の系譜に連なるシュールで穏やかな美しい日常。
赤白つるばみ 下
行き交う言葉、たゆたう思い、めくるめく色彩── 言葉の色が見えるという老(少)女・キノ。空気の読めない美少女・鳩子。色弱の画学生・音羽。大蛇丸・由良ノ介兄弟、ヒルコと双子らをめぐる優しく穏やかな日常は、ある日──。はみだす者たちへのエール。