icon_reread
また読みたい
フォロー
やわ肌は淫らに求める
売れないグラビアアイドルの杏樹。崖っぷちの彼女がある日出会ったのは、同じく行き詰まった画家の黒鉄。「あんたの身体に絵を描きたい。あんたを、全ての男が欲情するような作品にしてやる」そして彼のアトリエで、杏樹のやわ肌は淫らに染まっていく…決してSEX描写ではないのに、エロティックで官能的なシチュエーションを描いて人気をはくした表題作「やわ肌は淫らに求める」ほか、秘書と秘密の関係をもってしまう女社長、「雄を狩る」バリキャリの肉食女子、年下バイトクンを手込めにしちゃう居酒屋女子から、義理の息子との関係に悩む未亡人まで、バラエティーに富んだラブストーリーが詰まった一冊です。