あらすじ

五木雨音は学生時代に恋焦がれた相手にそっくりな少女・柏木陽と出会う。外見は瓜二つなのに、その中身はまるで正反対で、明るくまっすぐな陽はなんのてらいもなく雨音を慕う。面影を思い出すのがつらい、目の前の少女があの日焦がれた“彼女”でないことがつらい…。行き所を失くした想いから、陽を突き放そうとする雨音だったが…。