reread
また読みたい
フォロー
波に花影 月に刃
舞台は江戸中期の長崎。幕府の目を盗み、役人と商人が暴利を貪る貿易港――。江戸情緒の中に舶来の香り漂うその土地に、江戸の吉原から美しい太夫・蔦花がやって来た。利発で艶やかな彼女だが、裏の顔はなんと、長崎の海に現れた海賊の頭だった…!?