あらすじ

「確認のために商品をスキャンするときは『××円が1点……』と読み上げましょう」と研修で教わったことを実践中、商品を乱暴に叩きつけ「黙ってレジ打っていればいいんだよ!」と絡むお客様に、ニーチェ先生が「申し訳ありません。確認の意味も兼ねていますので」と、声に出すのも憚るような雑誌名まで淡々と読み上げだしたので、ニーチェ先生の敵意が殺意に進化を遂げた瞬間を目の当たりにした。さらにメガ進化を遂げるさとり世代コンビニ店員――ニーチェ先生、第3巻!