icon_reread
また読みたい
フォロー
ひぐらしのなく頃に 綿流し編(1)
昭和58年初夏、雛見沢に越してきた少年・前原圭一は、園崎魅音を始め級友達と楽しい日常を送っていた。だがある日彼は、その村で毎年祭りの日に「一人が死に一人が消える」という連続怪死事件が起きている事実を知る。偶然か、陰謀か。…それとも祟り!?戦慄の超話題ノベルゲーム『ひぐらしのなく頃に綿流し編』を完全コミック化!惨劇が今幕を開ける――。
ひぐらしのなく頃に 綿流し編(2)
綿流しの祭り当日、禁忌を破り興味本位で雛見沢の聖域とされる祭具殿に無断で侵入してしまう圭一達。だがその行為が後に、凄惨な事件を引き起こすきっかけになるとは知る由も無かった。5年目の恐怖――連続怪死事件――オヤシロさまの祟り…。話題沸騰コミック版『ひぐらしのなく頃に綿流し編』、此処に完結!衝撃のラストがあなたを待っている――!!