4巻を試し読み

あらすじ

その男が里見の里に住みついて数年になる。男は、背は低く少し猫背で、お世辞にもいい男とはいえなかったが、村の子供たちに慕われて、のんびりとした生活を送っていた。だがある日、彼は何者かに狙われていることを感じ取る。この男こそ、殺人剣・霞の小太刀の使い手「血笑鴉」なのだ。散々人を殺めてきた彼は、その仇名の通り血の世界から逃れられはしないのだった…。アウトロー時代アクション完結!