あらすじ

長い旅路の果てに辿り着いた、電気の光を持つ町の「神」となったリュウ。町に住む「旧人類」と森に住む「新人類」をまとめつつ、平和な日々を送っていた。しかし、ある日突然、静寂は破られた。町に悲鳴がこだまして、何人もの命が奪われた。しかも、目撃者は一人もいなかった。目に見えない侵略者の存在を感知する為、ミュータント部隊を編制するが、被害は止まらない。そして、敵の魔手はリュウにも伸び始め……!?