あらすじ

浮かび上がれない夢のような、身体に群がる虫の羽音のような、街に独りだけとり残されたような、背中を這う質感、気配、違和感。ひとまずの結びです。