icon_reread
また読みたい
フォロー
GTO(1)
目指すはグレート!激走、世紀末教師伝説!!――優羅志亜(ユーラシア)大学4年の鬼塚英吉(おにづか・えいきち)は、かつて湘南で暴れまくっていた元ヤンキー。グレートな男になるため、高校を中退し東京に出てきて6年、就職活動は全滅……!やさぐれモードの鬼塚が心機一転目指したのは、なんと教師!社会現象を巻き起こした伝説のコミックが、連載時のカラーを再現した電子版で登場!
GTO(2)
教育実習を終えた鬼塚(おにづか)は、武蔵野吉祥寺東高校からスカウトが来るものと、ヨユーをかましていた。公立の教員採用試験を受けそびれ、あわてて探した私立の教員募集でも門前払い。ようやく1校、面接を受けられる学校を見つけた鬼塚は、名門・東京吉祥学苑に向かうが……。鬼塚英吉(えいきち)22歳――ついに教師となる!?
GTO(3)
無事、東京吉祥学苑の教師になった鬼塚英吉(おにづか・えいきち)。理事長から出された採用の条件は、学校に住むという変わったものだった。しかし、理事長の一存で採用されたため、周りの反感買いまくり!そのうえ、担任となった3年4組は、学苑始まって以来の超問題クラスという噂……。着任早々、3年4組の生徒による鬼塚イジメが始まった!!
GTO(4)
3年4組の生徒による教師イジメも鬼塚(おにづか)には全く効き目がなく、苛立つ生徒達。鬼塚と仲良くなったクラスのイジメられっ子・吉川(よしかわ)のぼるに対するイジメもエスカレートしていく……。ある日、吉川は鬼塚の協力のもと、イジメっ子へ復讐をする。しかし、それがPTA会長の反感を買い大問題に!!鬼塚早速クビ?
GTO(5)
「だまされたと思って、オレに人生あずけてみねーか?」――クラスメイトからも家族からもお荷物扱いされる、「トロ子」こと野村朋子(のむら・ともこ)。朋子に自信を持たせるため、プロデュースを買って出た鬼塚は、朋子を地元のイメージガールコンテストに出場させる!雅(みやび)も出場するこのコンテスト、朋子はスターになれるのか?そして鬼塚の狙いは!?
GTO(6)
東京吉祥学苑のエリート教師・勅使川原(てしがわら/東大卒)は、生徒をはじめ、密かに思う冬月(ふゆつき)までもが好意的に接する鬼塚(おにづか/五流の大学卒)を、勝手にライバル視。鬼塚を学苑から追い出そうと策略を練り始める。一方、鬼塚をクビにしたくてたまらない校長は、学苑残留の条件として、“全国共通学力テストでトップをとれ”と言ってきた。筋金入りのバカ、鬼塚は不眠不休の猛勉強!そして迎えたテストの日……!?
GTO(7)
運命の全国共通学力テスト当日朝、鬼塚(おにづか)は目の前で誘拐された少女を救出に向かい、負傷してしまう。負傷しながらも受けた試験の結果は、なんと満点!文句無しの全国1位。しかも名誉の負傷で、一躍ヒーローに!!調子コキすぎの鬼塚の前に、次なる刺客(?)が現われた。しかも鬼塚のクラスの女生徒で、その名も神崎麗美(かんざき・うるみ)──!!
GTO(8)
IQ200の天才少女・神崎麗美(かんざき・うるみ)にうっかり弱みを握られてしまった鬼塚(おにづか)は、麗美の願いをかなえる“ランプの精”に……。喜々として鬼塚をこき使いながらも、しだいに心を開き始めた麗美だったが、小学校時代の担任に偶然出会ったことから、トラウマが復活。再び大暴走!!
GTO(9)
男子生徒から人気が高い、と女子生徒から逆恨みされている冬月(ふゆつき)先生。繰り返し陰湿ないやがらせを受けたことで、彼女は教師としての自信を失いかけていた。「つかれちゃった……教師でいるの……」。つい弱音を口にする冬月に、鬼塚(おにづか)は授業をぶっちぎり、バイクで外へと連れ出す!
GTO(10)
林間学校の費用、3年4組40人分で計112万の大金の入った集金袋を藤吉(ふじよし)が失くしてしまった!!翌日クラスで事情を話すと、藤吉が盗んだのではと疑いをかけられてしまう。しかし、全ては鬼塚(おにづか)を学苑から追放するために、雅(みやび)が仕組んだことだった!!そうとは知らない藤吉は、責任を感じ失踪してしまう……。