icon_reread
また読みたい
フォロー
サムライたちの明治維新
武士として生まれ、武士として死ぬ。明治維新に翻弄されながらも、サムライとして生き抜いた男たちを描く幕末ロマン!15代将軍・徳川慶喜(とくがわ・よしのぶ)の大政奉還により、職を失い困窮する日々を送ることになった旧幕臣たち。そのひとりである上田丑之助(うえだ・うしのすけ)は旧幕臣の窮状を訴えるべく、仲間の猪木(いのき)、山本(やまもと)、前田(まえだ)とともに白装束をまとい慶喜邸を訪ねるが……!?士族のプライドを捨てられない彼らが、文明開化の御代に自らの居場所を求め彷徨する姿を、壮野睦の原作を元に石川賢が活写する。