お知らせ
現在、検索候補表示・絞り込み検索・無料マンガ画面にて障害が発生しています。ご迷惑をおかけしますが、復旧までしばらくお待ちください。
真見士-破天荒鑑定士-【分冊版】 1巻
呑天堂の屋号で古物商を営む神大寺観介は、そんじょそこらの目利きじゃない。人呼んで「真見士」! あらゆる逸品に精通し、ひと目でその価値を測ることができる凄腕中の凄腕。政財界の大物たちにもご贔屓が多く、その鑑定眼には全幅の信頼が置かれている…が、本人はガサツでスケベな豪快男。その豪放磊落な性格のせいで、問題案件ばかり呼び込んでくるのであった。借金のかたに信楽の骨董品を持ち込んできた男と、金の貸主の秘書。観介は一瞥をくれただけで千五百万円と鑑定する。喜ぶ秘書だったが、持ち主の男は頑なに売ろうとしない。そのやり取りを見た観介は…?!
真見士-破天荒鑑定士-【分冊版】 2巻
呑天堂の屋号で古物商を営む神大寺観介は、そんじょそこらの目利きじゃない。人呼んで「真見士」! あらゆる逸品に精通し、ひと目でその価値を測ることができる凄腕中の凄腕。政財界の大物たちにもご贔屓が多く、その鑑定眼には全幅の信頼が置かれている…が、本人はガサツでスケベな豪快男。その豪放磊落な性格のせいで、問題案件ばかり呼び込んでくるのであった。借金のかたに信楽の骨董品を持ち込んできた男と、金の貸主の秘書。観介は一瞥をくれただけで千五百万円と鑑定する。喜ぶ秘書だったが、持ち主の男は頑なに売ろうとしない。そのやり取りを見た観介は…?!
真見士-破天荒鑑定士-【分冊版】 3巻
呑天堂の屋号で古物商を営む神大寺観介は、そんじょそこらの目利きじゃない。人呼んで「真見士」! あらゆる逸品に精通し、ひと目でその価値を測ることができる凄腕中の凄腕。政財界の大物たちにもご贔屓が多く、その鑑定眼には全幅の信頼が置かれている…が、本人はガサツでスケベな豪快男。その豪放磊落な性格のせいで、問題案件ばかり呼び込んでくるのであった。借金のかたに信楽の骨董品を持ち込んできた男と、金の貸主の秘書。観介は一瞥をくれただけで千五百万円と鑑定する。喜ぶ秘書だったが、持ち主の男は頑なに売ろうとしない。そのやり取りを見た観介は…?!
真見士-破天荒鑑定士-【分冊版】 4巻
呑天堂の屋号で古物商を営む神大寺観介は、そんじょそこらの目利きじゃない。人呼んで「真見士」! あらゆる逸品に精通し、ひと目でその価値を測ることができる凄腕中の凄腕。政財界の大物たちにもご贔屓が多く、その鑑定眼には全幅の信頼が置かれている…が、本人はガサツでスケベな豪快男。その豪放磊落な性格のせいで、問題案件ばかり呼び込んでくるのであった。借金のかたに信楽の骨董品を持ち込んできた男と、金の貸主の秘書。観介は一瞥をくれただけで千五百万円と鑑定する。喜ぶ秘書だったが、持ち主の男は頑なに売ろうとしない。そのやり取りを見た観介は…?!
真見士-破天荒鑑定士-【分冊版】 5巻
呑天堂の屋号で古物商を営む神大寺観介は、そんじょそこらの目利きじゃない。人呼んで「真見士」! あらゆる逸品に精通し、ひと目でその価値を測ることができる凄腕中の凄腕。政財界の大物たちにもご贔屓が多く、その鑑定眼には全幅の信頼が置かれている…が、本人はガサツでスケベな豪快男。その豪放磊落な性格のせいで、問題案件ばかり呼び込んでくるのであった。借金のかたに信楽の骨董品を持ち込んできた男と、金の貸主の秘書。観介は一瞥をくれただけで千五百万円と鑑定する。喜ぶ秘書だったが、持ち主の男は頑なに売ろうとしない。そのやり取りを見た観介は…?!
真見士-破天荒鑑定士-【分冊版】 6巻
呑天堂の屋号で古物商を営む神大寺観介は、そんじょそこらの目利きじゃない。人呼んで「真見士」! あらゆる逸品に精通し、ひと目でその価値を測ることができる凄腕中の凄腕。政財界の大物たちにもご贔屓が多く、その鑑定眼には全幅の信頼が置かれている…が、本人はガサツでスケベな豪快男。その豪放磊落な性格のせいで、問題案件ばかり呼び込んでくるのであった。借金のかたに信楽の骨董品を持ち込んできた男と、金の貸主の秘書。観介は一瞥をくれただけで千五百万円と鑑定する。喜ぶ秘書だったが、持ち主の男は頑なに売ろうとしない。そのやり取りを見た観介は…?!
また読みたい
フォロー