あらすじ

「人間なんて殺すだけの生き物じゃないか」人を殺めるだけの妖怪・七人ミサキ。忌み嫌われる彼らの願いは「七人全員で救われること」だった。あやふやな噂を信じて懸命に努力する先頭・壱彦には、ある心の拠り所があった。人と妖かしの温かい絆そして想いが溢れる妖怪奇譚。万感の最終巻。