あらすじ

新宿の裏道で中年の男が倒れていると通報があった。男の名は佐伯徹、45歳。大手銀行の課長だ。そしてプリンスは、名前を名乗らないで電話を切ったという通報者の存在が気にかかるのだった。佐伯徹の娘・さえこがクサいと感じた十兵衛は、ひとりでさえこの内偵をすすめるが…。