icon_reread
また読みたい
フォロー
ガラスの靴を拾った大富豪
富豪である亡き夫の両親に経済的援助を頼もうと、イゾベルは上流社会のパーティーに潜りこんだ。幼い息子を育てるためだもの…どんなに蔑まれようとかまわないわ。その時、会場が停電に見舞われた。暗闇の中イゾベルはひとりの男性に出会い惹かれあう。甘い声に魅惑的な香り…誰にも心を許さないと決めていたのに。ふたりの唇が重なる瞬間、明かりが戻りイゾベルは凍りついた。ダリウス!亡き夫と兄弟同然の億万長者で、亡き夫の嘘を信じ私を憎む男…あなただなんて。