アトランティス会館 1巻
街角にひっそり佇むおんぼろビル、アトランティス会館。築97年のこのビルで御年97歳のあいのさん、ひ孫のふじこ、そして自称ビルの精霊・百造の奇妙な共同生活が始まった! 平凡なようで何ひとつ普通じゃない、そんな奇跡みたいな日常――
アトランティス会館 2巻
祖父が「一郎」、父が「二郎」でなんとなく自分は「三郎」という名の人と結ばれるような気がしているふじこ。そんなふじこに、あいのさんは“三郎の運命(のろい)にまどわされないで”と言うけれど!? いよいよ壊れかけのアトランティス会館で運命の歯車が回り始める――