あらすじ

東西銀行が抱える多額の不良債権──回収不能のその債権は、裏社会へと流れていた。東西銀行に検察が入るとの噂に、銀行、政治家、裏社会は、総務課長の虹野に全ての責任を被らせ、闇に葬ろうとする。公権力横領捜査官、中坊林太郎は裏社会に流れた金を取り返すべく東西銀行融資調査部へ潜り込み、日本社会の闇へと近づいてゆく──