あらすじ

世界から隔絶された学院で、不老を目指す実験体として生き、死んでいく少女達の物語。激しい痛みを伴う検査のなかで意識を失った永見千剣(ながみ・ちはや)。目を覚ました彼女を待っていたのは、クラスメイトの死だった。級友の死を受け入れるもの、拒むもの、それぞれの思いが交錯するなか、千剣は、学院からの脱出を提案されて――。永遠を強いられた少女達の、胸締めつけられる青春群像劇、第2巻。