独占偏愛~父の借金のカタに堕ちていくノンケの末路~
弟との暮らしを続けるため拓也は父の借金をカラダで返済している。彼に好意を抱く借金取りと担任教師は頼ってほしいと言ってくるが…。拓也との想いはすれ違うばかり。
独占偏愛~父の借金のカタに堕ちていくノンケの末路~(2)
「好きだけどセックスはしない」拓也の言葉に借金取りは苛立つ。腹いせに流した嘘は、拓也を絶望の縁へ追いやることになってしまう。

独占偏愛~父の借金のカタに堕ちていくノンケの末路~

どくせんへんあいちちのしゃっきんのかたにおちていくのんけのまつろ
独占偏愛~父の借金のカタに堕ちていくノンケの末路~
独占偏愛~父の借金のカタに堕ちていくノンケの末路~(2)