icon_reread
また読みたい
フォロー
ケンシロウによろしく(1)
沼倉孝一は、幼い頃に木村という名のヤクザに母を奪われた。復讐を誓った沼倉は、漫画『北斗の拳』を読み続けることによって伝説の暗殺拳を体得し仇を討とうとする。これは復讐に燃える男が暗殺拳を極めようとした果てに人々を幸せにする物語である。
ケンシロウによろしく(2)
復讐のため、伝説の暗殺拳「北斗神拳」を体得するべく修行を続け、気づいたら一流の指圧師になっていた沼倉孝一。そしてついに母を奪ったヤクザ・木村に復讐を果たす時が来た。だがその時、木村はすでに――。「お前はもう死んでいる」 これは復讐に燃える男が暗殺拳を極めようとした果てに人々を幸せにする物語である。