あらすじ

203×年10月、臓器製造のためのクローン・伝電子(でんでんこ)が「心」を持ち暴走。研究員の麻川世太(あさわかせいた)を連れラボを脱出し逃走劇をつづけるなか、目の前に出現した暗殺者・炎一郎をも撃破。追われていることを知った電子と世太が向かったのは―意外な場所だった