icon_reread
また読みたい
フォロー
夜行(上)
森見登美彦の「夜行」を完全コミカライズ! 京都に住むある女子大生・長谷川さんが、鞍馬の火祭りの日に姿を消した。その日から十年を経て、ふたたび鞍馬に集まったのは、学生時代の長谷川さんの仲間たち。彼らが語る、五つの夜の物語…! 上下巻同時刊行!! 第一夜 尾道 失踪した妻を連れ戻しに尾道を訪れた中井。そこで出会ったのは、「変身」してしまった妻だった。第ニ夜 奥飛騨 会社の先輩・先輩の彼女・彼女の妹を旅のメンバーに、奥飛騨に旅行に行った武田。そこで、未来の見える女性を車に乗せてしまい.…? 第三夜 津軽(前) 夫と、その後輩との鉄道三人旅に出た藤村。寝台列車が走り抜けて着いたのは、青森。そこで思い出したのは、懐かしい記憶。
夜行(下)
コミカライズ版「夜行」上・下巻同時発売! 夜を廻る青春ファンタジーを瑞々しく描きだす、完結の下巻。第三夜 津軽(後) 姿を消した夫の後輩はどこに行ってしまったのか。そして藤村の記憶にある「佳奈ちゃん」はいったい誰だったのか…? 第四夜 天竜峡 豊橋行きの列車でボックス席に乗り合わせたのは、謎を秘めた女子高生とお坊さん。そして田辺の三人。ふたつの夜が交差する。最終夜 鞍馬 夜と朝が交わるところ。そこにいる君に会えたら…。大橋はついに、長谷川さんと 再会する。謎の銅版画、「夜行」に隠された真実とは…!?