icon_reread
また読みたい
フォロー
忘れられない男
若くしてデザイン事務所を構えた樟葉には、忘れられない男がいた。 大学時代の親友・牧野―― ノンケだった自分が彼に恋愛感情を抱いていると気づいたあの時、恐怖心から逃げ出してしまう。それから7年、ひょんなことからクライアントとして樟葉の前に現れた牧野。デキる男として成長した牧野の姿に、忘れようとしていた感情が再び目覚めはじめて…?  【あの時、無理にでも捕まえておけばよかった】