あらすじ

パニック仲間から執筆をすすめられ、作家になることを決心した繭子。ウエイター・和樹との恋物語を書き始め、症状もおさまるが、和樹に家庭があると知ってパニック障害が再発してしまう。どこにも居場所がなくなり、実家へ帰る繭子。そして地元で純情な男の同窓生が医者として成功しているのを知る……。果たして繭子の魂は救われるのだろうか。