あらすじ

慎也の真剣な眼差しで見つめられながら、初めて彼の熱をナカで感じる恵理子。太くて硬いアレにゆっくりと奥まで押し広げられると、経験したことのない快感に頭が真っ白になり…。深いところまで激しく何度も突き上げられたら、気持ちよすぎてもう限界!! 慎也のまっすぐな想いと昔より強引な態度にドキドキが止まらない恵理子だったが、翌日彼に誘われて弓道場に行くと、あの頃の彼への気持ちが蘇ってきて…。