また読みたい
フォロー
基本は「気のせい」「見なかった」。子どものころから100体以上の霊に憑依(ひょうい)されてきた著者の自分流ユーレイとの付き合い方を描く、オカルトエッセイコミック。