あらすじ

「見られただけでこんなになるなんて…とんだ淫乱だな。」しがない布団売りをしてるリーマン小林は営業トークが下手すぎて業績は一向にあがらず、成績は入社以来常にドベ。このままでは社に戻れないと飛び込んだ先は…エロ小説家の作家先生宅で!?なんか様子がおかしいと思いつつも布団を買ってやる!と言われたため言われるがままに卑猥なポーズをとらされて…。これ、ちょっとエロすぎますやんかー!?!?しかもなんか変な気分になってちょっと勃ってきちゃったしー!!!!それに気づいた先生がさらにヒートアップしていろいろっていうか、それ、あの、挿いっちゃってますよね!?俺、布団を売りに来ただけなのにーー!!!!