君の好きな子になりたい。

熊岡冬夕