それはまるで雨傘のように

りぃ