夢の途中
中西章文
夢の途中
topic
あらすじ
1979年頃、漫画家・はやせ淳氏のもとにアシスタントとして入り、1982年「ガロ」10月号にて「夢の中」で漫画家デビューの後、創作活動を続けるなか体調を崩し、1999年12月27日、42歳で他界した中西章文氏。生前、ついに単行本を出すことが叶わなかった故人の思いをかたちにするべく、師匠であったはやせ淳氏が単行本化にむけて奔走。2017年、twitterでの発信をきっかけに数多くの方からの助言を受け、その思いを実現したのが本書『夢の途中』である。中西氏のデビュー作である「夢の中」、病床で描いた「私はこんな夢をみた」、ベラスケスの「ラス・メニーナス(女官たち)」をモチーフに描かれた不条理な世界「ベラスケスの視線」など13編を収録。紙の単行本には収録されていない「おもしろ年賀状」も、著者の人柄を感じることができ興味深い。「中西章文君の作品の単行本化は、私の勝手な思いによるものだったのです。一九七八年頃に、私のアシスタントとして来た時の彼は、はにかむように笑うおとなしい男で、不思議な雰囲気を持っていました。(中略)しかし、いつ頃だったか…、なかなか単行本の話が聞こえてこないので、彼に「出なかったら俺が出そうか」と、半分冗談で言ったのを覚えています。」(あとがき。はやせ淳 より)